ワイナリーからお届けまで、
徹底した品質管理の「高品質ワイン」を。

  • 法人担当者(追加)の方はこちら
  • 一般会員(新規)の方はこちら
スマホサイト
カートを見る
文字サイズ :
標準
大きく

生産者情報

Vicomte de Noue-Marinic
ヴィコント ド ヌ マリニッチ

所在地 スロヴェニア プリモルスカ
当主名 シャルル ルイ ド ヌ&アリス マリニッチ

ブルゴーニュのノウハウと
スロヴェニアの栽培経験が融合

 スロヴェニア西部のゴリシュカ・ブルダ地区は、西側にイタリア、 フリウリ・ヴェネチア・ジューリア州と接する国境の産地。地名にある 「Brda(ブルダ)」はイタリア名でコリオ(Colio)と呼ばれ、いずれも 「丘」の意味。
 ドメーヌ・ヴィコント・ド・ヌ-マリニッチはこの地の丘陵にある ワイナリーで、イタリア国境から5キロほどの距離に位置する。丘の 斜面に階段状に開かれている畑は、片岩状の石灰岩が薄い表土の 下に有る為、根は地中深く伸びる事が出来る。また北方に位置する アルプスから、南のアドリア海に向かって吹き降ろされる強い風に よって、畑の衛生状態は自然に保たれる。

 ドメーヌの共同経営者のシャルル・ルイ・ド・ヌは、ピュリニー・ モンラッシェの第一人者であるドメーヌ・ルフレーヴの創業者、 ジョゼフ・ルフレーヴの曾孫。現在のルフレーヴ当主のブリス・ド・ラ・ モランディエールの祖父ジョーは、シャルル・ルイの祖母ジャンヌの 弟という間柄。この地をブルゴーニュとも比較しうる優秀な土壌と 注目したシャルル・ルイは、古くから交流があるスロヴェニア人の アリス・マリニッチと共に2019年にドメーヌを立ち上げた。

 かつて18世紀、オーストリア大公マリア・テレジアによって9つの クラス分けで格付けされていた銘醸畑がこの地に存在した。残念なが らその格付けの継承は途絶え、現在では、それらの畑も耕作放棄され ていた状態であったが、シャルル・ルイの尽力で見事にその輝きを取り 戻した。ドメーヌでは当時の格付けの中でも上位である1級から5級ま での畑を所有。この格付け畑の末裔から産まれたワインは、エリゴー ヌ・シリーズとヴィコント・ド・ヌ・マリニッチ・シリーズで味わえる。

 ブルゴーニュのノウハウとスロヴェニアの栽培経験とが融合した プロジェクトとして、注目を集めたヌ・マリニッチは、スロヴェニアと、 その隣国イタリアのプレスに大きく取り上げられ、初ヴィンテージの 2019年から早くも評価は高く、ウリアージ、サドレル、ピペロ・ローマ などのイタリアの星付きレストランで供されている。

ドメーヌは以下の3つのシリーズを現在リリースしている。

La gamme Marinic / マリニッチ・シリーズ
自然な農法で栽培した最高ブドウを手摘みし、伝統を 重んじたクラシックな製法で造られた複雑かつクリーン な味わい。最初から最後の一口まで楽しめる仕上がり。

La gamme Erigone / エリゴーヌ・シリーズ
ポンカ土壌(砂岩の泥灰土とシスト状の石灰岩)から なる段丘の斜面にある畑は、常に風通しがよく、健康な葡萄を育つ。 エレガントでミネラリー、美しい酸が特徴。

La gamme Vicomte de Noue Marinic / ヴィコント・ド・ヌ・マリニッチ・シリーズ
化学合成物質を使わないナチュラルな栽培。高品質な 葡萄で、エレガントでミネラリー、かつリッチさが加わり、 複雑で余韻の長い味わえるプレステージシリーズワイン。




条件を指定して検索できます
pagetop