ワイナリーからお届けまで、
徹底した品質管理の「高品質ワイン」を。

  • 法人担当者(追加)の方はこちら
  • 一般会員(新規)の方はこちら
スマホサイト
カートを見る
文字サイズ :
標準
大きく

お知らせ

2021年6月4日  【商品情報】(近日入荷)シャントレーヴ 2019 生産者コメント

サヴィニー・レ・ボーヌのドメーヌ シャントレーヴ の栗山さんより、6月中旬よりリリース予定の2019ヴィンテージについてコメントが届きました。
※本サイトへの商品掲載は7月からを予定しております。


2019ヴィンテージについて

白 〜Blanc〜
白は、早熟で重くなりがちな年にあっても収穫のタイミングを見極め早めに摘んだ甲斐あり、 果実と酸のバランスも良い。若いうちから楽しめる内容ではありますが、熟成させても良しでしょう。

Bourgogne Chardonnay
ブルゴーニュ シャルドネ

柑橘類や花梨などの黄色い果実。収斂性がありながらもカッチリとしたボディー。早熟な年にありがちな怠みもなく、爽やか。「旨い」ブルゴーニュ・ブランです。

Bourgogne Aligoté les Chagniots
ブルゴーニュ アリゴテ レ・シェニョ

アリゴテと侮るなかれ。ラドワに位置する樹齢100年を超える畑からとれるアリゴテで、私たちが初めて手に入れ耕作を始めた畑です。 2019年は出色の出来。重層感があり余韻も大変長く、申し分ありません。出来れば熟成させることをお勧めします。

Maranges « Vigne Blanche »
マランジュ « ヴィーニュ・ブランシュ»

シェイイ・シュール・マランジュの真北に位置する畑で、ミネラリティーとふくよかさのバランスが良い。マランジュならではの軽快感に溢れています。

Pernand Vergelesses « La Morand »
ペルナン・ヴェルジュレス« ラ・モラン »

ペルナンの分けても名高いプルミエクリュであるフレティーユ隣接しているだけあり、上品な冷涼感があります。 ミネラリティーに旨味が加わり、出汁を効かせた和食にも合いそうです。

Auxey Duresses « Les Hautes »
オーセイ・デュレス « レ・ゾート »

銘醸のムルソー村名ヴィルイユに隣接する畑なだけに、ヴィルイユを彷彿とさせる重層感と凝縮感に加え、オーセーならではの酸も際立ちます。 そのおかげで暑く早熟な年にあっても酸が綺麗に品よく伸び、脂の乗った白身魚のお造りから地鶏まで、広範囲のお料理に合います。

Saint Romain « La Pérrière »
サン・ロマン « ラ・ピエール »

標高300メートルに位置する、サンロマンの中でもトップの質を誇る村名のリューディーです。 円やかな口当たりと酸のバランスは絶妙。ヴォリューミーな体躯をミネラルが引き締めます。

Chassagne-Montrachet 1er cru les Morgeots blanc
シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ レ・モルジョ

シャサーニュの「どっしりとした白」という先入観を覆すプルミエクリュです。 上品な南国系フルーツのトープノートに熟成した酸が相まり、溌剌としていながらエレガント。若いうちから楽しめますが、熟成させてこそ本領を発揮します。


赤 〜Rouge〜
赤は例年と同じく全房を100%使っています。大きなスケール、しなやかなストラクチュア、典雅な果実感。どれも出色の出来です。

Bourgogne Pinot Noir
ブルゴーニュ ピノ・ノワール

蔵起こし以来の出来を自負しています。フランボワーズや苺のチャーミング果実味と、きめ細かながらも主張するタンニン。 ジェネリックとは思えないスケールがあり、熟成のポテンシャルも高いです。

Bourgogne Haute Côte de Beaune « Paris l’Hôpital »
ブルゴーニュ オート・コート・ド・ボーヌ « パリ・ロピタル »

花崗岩母岩が風化した砂質の畑の影響で、果実味はボージョレーを想起させるブルーベリーやブラックベリーなどの黒い果実が中心ですが、 ピノ・ノワール100パーセントです。畑の傾斜がきつく砂質の土壌は保水力が低いので、葡萄の根が深く張り、 カッチリとしたボディーと奥行きのあるピノになります。ブルゴーニュ・ルージュと並んで、2019年は分けてもスケールの大きいものになりました。 とても気に入っています。

Pernand Vergelesses « les Boutiers »
ペルナン・ヴェルジュレス « レ・ブティエール »

ちょうどサヴィニーとペルナンのアペラシオン境にある畑。厚めの粘土質の表土に石灰の礫が混ざり、果実味豊富なピノに仕上がりました。 軽やかで柔らかい喉越しと、ペルナンならではのスパイシーさは、広範囲のお料理に合います。

Pommard
ポマール

村名ポマールの中で分けても標高が高く表土の浅いリューディーLa Vacheと、冷涼なアン・マローのピノ・ノワール半々で造っています。 ポマールらしからぬ重心の高さ。エレガントでしっとりた質感に仕上がっています。

Nuits Saint Georges « les Tuyaux »
ニュイ・サン・ジョルジュ« レ チュイヨー »

ニュイ・サン・ジョルジュの村の北側に位置し、芳香高く果実味あふれ、タンニンも円やかなので、若いうちから飲みやすい仕上がりですが、 ヴォリュームと奥行があり、エネルギッシュ。エキサイティングな村名です。

Aloxe Corton 1er cru les Paulands
アロース・コルトン プルミエ・クリュ レ・ポーラン

コルトン・マレショード・グラン・クリュの斜面斜め下に位置しており、表土は深めながら多くの礫が混じって水捌けが良いので、 プルミエクリュならではの品を醸し出します。厚みがありながら重くならず余韻は軽やかです。

Beaune 1er cru les Bressandes
ボーヌ プルミエ・クリュ レ ブレッサンド

多くのボーヌ・プルミエクリュの中でも誉高いリューディーの一つです。早熟なミレジムとは思えない美しい酸と赤い果実を彷彿させる香り、 デリケートなミネラリティー。シャントレーヴとしては初めて仕込みましたが、自信作揃いの2019年赤の中で最も気に入っている銘柄です。

Nuits Saint Georges 1er cru les Damodes
ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ レ・ダモード

ニュイ・サン・ジョルジュ最北のプルミエ・クリュの一つで、ヴォーヌ・ロマネとの境に位置していることから、 ヴォーヌを想起させる淡麗なミネラル感と重心の高さが特徴です。それにニュイ特有の温かみのあるテクスチュアときめ細かなタンニン。 2019年は分けても各要素のバランスが良く、チャーミングでエレガント。


*****************************
生産本数に限りがございます。酒販店様へのご案内時点で完売が発生する場合もございます。あらかじめご了承ください。
条件を指定して検索できます

pagetop