ワイナリーからお届けまで、
徹底した品質管理の「高品質ワイン」を。

  • 法人担当者(追加)の方はこちら
  • 一般会員(新規)の方はこちら
スマホサイト
カートを見る
文字サイズ :
標準
大きく

お知らせ

2021年4月23日  ビオを実践する生産者<アルベール・モロ> BIO

ブルゴーニュ地方ボーヌを知る上で欠かすことができない「アルベール・モロ」 。 1820年からスタートした歴史ある生産者です。最新情報とおすすめの1本をご紹介いたします。

beaune-vin-albert-morot-1.jpg"
当主 ジョフロワ・ド・ショパン・ド・ジャンブリ

「よりエレガントで繊細なスタイル」を目指し、常に進化を続ける・・・
ジョフロワ氏が当主に就任した2000年以降、ドメーヌのワイン造りは進化を続けています。 2009年から新樽率を抑え、さらに、2017年には樽熟成の期間を、それまで18か月だったものを白ワインで12か月、赤ワインは14か月と短くすることで、 果実味の豊かさを保つようにしました。現在は、ボルドーなどで経験を積んだ息子とともに、新しいシステムを実験的に採用するなどさらなる進化を続けています。 これからが楽しみな生産者です。

ビオロジック栽培を実践
ドメーヌでは2009年からビオロジック栽培を実施しており、バックラベルには、ユーロリーフとAB認証のロゴが入っています。

AMorotBL.jpg"

アルベール・モロは、ボーヌの1級畑を7つも所有しており、そのラインナップは圧巻です。その中からおすすめをご紹介いたします。

ボーヌ プルミエ・クリュ ブレッサンド 2018
Beaune 1er Cru les Bressandes 2018

参考小売価格 8,030円(税込)
2017ヴィンテージも同価格です。

「果実味豊でタンニン、酸に丸みがありバランス感があります。」と、当主ジョフロワ。 所有面積は1.27haで、南東向きの斜面で、丘の中腹に位置しています。石灰岩、シルト、粘土がバランスよく混じる土壌です。
2018年ヴィンテージ は、チャーミングな果実の凝縮感が感じられ、タンニンはスムーズ。若い今でも楽しめる、上品かつ華やかなワインです。
また、2017ヴィンテージ は2018年に比べると収量も低く、穏やかな印象ですがバランスの良さ、ストラクチャも感じられ、しなやか。若くても十分楽しめるスタイルです。
ヴィンテージの違いを楽しむのもおすすめです。

10113802010.jpg


アルベール・モロのラインナップはこちらから
アルベール・モロ 生産者ページ
条件を指定して検索できます

pagetop